導入事例大和軌道製造株式会社様

空調服を導入して夏場の生産量が3割増加。

使用場所接着絶縁レール接着作業の現場

兵庫県姫路市

新幹線をはじめ全国のJR・私鉄などのレールを製造する日本の鉄道産業を支える企業様です。以前ガイアの夜明けでの取材にご協力して頂きました。

夏場で1日に2,3人熱中症にかかっていた。

レール製造は熱を使うため夏場は極めて過酷な現場です。熱したレールを削り滑らかにする作業では、レールの温度は1000℃以上にもなります。また接着作業では、ホコリを嫌うため扇風機が使えない上、60℃に加熱します。そのため熱中症にかかって倒れたり、仕事に戻れない方が多く熱中症対策に悩んでおられました。

灼熱の現場を快適に。熱中症ゼロへ。

2004年の空調服の試作品販売時からご愛用いただいており、ファンの改良や新製品開発の際にも、貴重なアドバイスをいただき、大変お世話になっております。

2012年から全社員130名に本格導入しました。空調服を導入してから熱中症で倒れる作業員がいなくなり、夏場の生産量がなんと3割増加しました。現場の方々からは「空調を着ないと動きが鈍くなる。涼しくてすごく助かっています」とお声を頂きました。

空調服のご使用例を募集しています
弊社では、お客様からのご使用例を募集しています。
面白い使い方や、予想外の効果など何でも結構ですので、どしどしお寄せください。
使用現場の写真と、どの様な作業で使用されているか、また使用感をご記入の上、お問合せフォームからお送りください。お寄せいただいたご使用例は、弊社のHPにて紹介させていただきます。
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム